葵祭 京都三大祭 開催日2017年5月15日(日) 発売中

薫風の五月を迎えると、京の町は“京の三大祭”のひとつ、“葵祭の季節”を迎えます。
祭は下鴨神社と上賀茂神社の例祭で「葵祭」の名で知られていますが、正式名称は「賀茂祭」。
日本三勅祭(賀茂祭、石清水祭、春日祭)のひとつでもあり、神前に葵を献じ、参列する人や車、社殿や家々を葵の葉で飾ります。

上賀茂神社・下鴨神社では、5月に入ると祭の前儀が数々催されます。
「路頭の儀」の行列は15日午前10時30分、京都御所を出発。王朝風の優雅な列が市中を練り、下鴨神社を経て上賀茂神社へ向かいます。
この葵祭行列の見学には、京都御苑と下鴨神社参道に設けられる有料観覧席のご利用をおすすめします。

京都三大祭有料観覧席チケット販売

ご希望の見学場所をお選びください。

トップに戻る