祇園祭2018

「祇園祭」は八坂神社の祭礼で、日本三大祭のひとつ。その悠久の歴史、豪華さ、祭事が1ヶ月にもわたる規模の大きさでも広く知られています。祭の始まりは、およそ1100年前、神泉苑に当時の日本全国の国の数の矛66本を立て、祇園の神を祀り災厄の除去を祈る祇園御霊会を行ったのが始まりと伝えられています。
古来、祭の中心である7月17日の神幸祭と7月24日の還幸祭にあわせて、それぞれ山鉾の巡行が行われていました。その習わしを正しく後世に伝えようと、2014年より祇園祭山鉾巡行は2度に分かれ、7月17日(前祭山鉾巡行)には23基、7月24日(後祭山鉾巡行)には10基の山鉾巡行が行われています。
この山鉾巡行を有料観覧席でゆったりと鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

前祭山鉾巡行
後祭山鉾巡行

お食事付きプラン

前祭有料観覧席+昼食プラン(がんこ高瀬川二条苑)
後祭有料観覧席+昼食プラン(がんこ高瀬川二条苑)

トップに戻る